アレクスとアイヌ機械屋。

「猫だましい」シリーズの最初として、この作品はまさにふさわしいものと私は思っているが、現在では「牡猫ムルなど聞いたことがない」と言う人が多いのではなかろうか。そこで、少し私事もかかわってくるが、この作品と作者について、少し述べておきたい。作者のE・T。A・ホフマン(一七七六’一八二二)は、ドイツ・ロマン派のなかの代表的でかつ特異な作家である。特異なと言うのは、彼は法律学を修め判事となるが、ナポレオンの侵攻によって職を失い、しばらくは音楽の才能を生かして、楽長や音楽教師として各地を転々とする。ナポレオン失脚後、ベルリンの大審院判事となるが、夜は音楽や文筆の才を生かしての芸術生活という一重生活を続ける。彼は異常とも一口えるほど倭小(わいしよう)な身体Ⅱ牡猫ムルをしており、一口動(ききょう)も奇矯なところがあり、それに怪奇な題材の小説を多く書いたこともあり、「お化けのホフマン」という仇名で呼ばれていたと言う。ホフマンは実際に猫が好きで飼っており、それに「ムル」と名づけていた。飼っていた期間は一八一八’一八一二年の間と推定されているが、一八一年十一月一十九日に死に、彼は友人たちにムルの死亡通知を出した。

満州国が作られた後は「満州の陰の帝王」と称されていたのだが、岸は甘粕と親密な関係にあったようだ。岸は、気前よく甘粕に一○○○万円を渡した。鮎川に出させたようだが、現在の金額にすれば一○○億。三○○億円になる。岸信介とアヘン満州における岸の金離れのよさをアヘン密売と関係づけて取材した人間たちがいる。岩見隆夫やノンフィクション作家の塩田潮たちだ。岩見、塩田たちは古海忠之から「アヘンを取り仕切っていた」という証言を得ている。「アヘンについては、支那とか満州で一手にやっていた里見(甫(はじめ))という男がいた。これは私のアヘンの相棒だ。アヘンは私と里見がすべて取り仕切っていたのであって、甘粕さんも岸さんも全く関係ない」(前出『昭和の妖怪・岸信介』) 第三章岸信介「反動政治家」の正体当時満州国政府の幹部がアヘンを「取り仕切っていた」ということは、満州国政府そのものがアヘンの密売の当事者だったと判断せざるを得ない。

売却代金目的不動産が第三者に売却されたとき,多数の学説は売却代 8第章担保物権金を価値代表者と解し,これに対する物上代位を認める。しかし,抵当権は先取特権とは異なり(条に注意),目的物に対する追及力を有しており,第三者に売却されたとしても,抵当権を実行することができるので,売却代金に対する物上代位を否定する学説も有力である。賃料目的物が第三者に賃貸されたときにも,多数説は賃料に対する物上代位を認める。判例(最判昭和5。7。6民集巻7号965頁)も同様である。しかし,抵当権の実行着手があるまでは,設定者が目的物を占有しそれを使用収益できるということが,抵当権の本質であることから,賃料への物上代位はできないとする有力説もある。損害賠償請求権・保険金請求権第三者の不法行為により,目的物が滅失または段損したとぎ,設定者は,この者に対する損害賠償請求権を取得するが,これは目的物の価値代表者であるから,物上代位できる。

日蓮大聖人は、6人のうち常時(ママ)給仕をしていた白蓮阿闇梨(ぴゃくれんあじやり)日興上人を後継みのぶくおんかんず者と定められ、身延山久遠寺の貫主に任ぜられました。当時身延地方を支配する地頭はきりで、身延山久遠寺の大檀那(おおだんな)であった波木井氏は熱心な信者でしたが、大聖人没後、日興上人にそむいて大聖人が硬(ママ)くいましめられていた誇法″(教義、宗旨に反する行為)を犯したため、日興上人は日蓮大聖人から受けついだ、遺品、遺骨等を擁(よう) して富士山麓に移られ、やはり強信者であった地頭の南条時光氏の寄進と協力を受けて大石寺を開かれました。以来今日まで、7百有余年日蓮大聖人の正統は歴代御法主によって今日まで受け継がれ、伝えられてきたのです。日蓮正宗の教義の根本は、日蓮大聖人を、末法の民衆を救済されるために出現された『久遠元初の御本仏』であるとし、僧俗は歴代御法主を、大聖人の如く拝し奉る、という点にあります。